自動販売機設置が凄まじい数と商売激戦区。

よく商売の激戦区などでは、その激しさを揶揄して「戦争」と言ったりします。
激戦区も初めから激戦区だったわけではなく、
何かのきっかけがあって激戦区と化すのですが、
そのきっかけはある種、火薬庫の火種と似ている気もします。
日本では、自動販売機設置が凄まじい数がありますが、都会に住む人なら納得。
しかし、地方に行くとそんな気もなくなったりします。
当然人が多い場所に設置数が多くなるのですから当たり前のことですが、
なんとなく激戦区の理由も実はそんなことなのかもしれないかなと思います。
要するに、それを求めているそこに住む人の割合が高かった、そんな理由だったりとか。

サポート塾、渋谷とは?

知人に頼まれてサポート塾を渋谷で経営している方の話をうかがいました。
で、私の知り合いであるとある私立のこども園の経営者とお引き合わせしたんです。
どちらの経営者の方も素晴らしい道を歩む尊敬できる方ですので、
お二人を引き合わせることによってどんな化学反応が起こるのか、楽しみでもあります。
これからもしかするとTVや雑誌等でも見かけることが多くなるかもしれず、
人ごとながらわくわくしております。
サポート塾や学園については確認を取ってからアップします。

常に温かいお湯を提供してくれるガス給湯器ですが

常に温かいお湯を提供してくれるガス給湯器ですが、
もしこれが常に戦争の火種を温められていたとしたら、たまったものではありませんよね。
人間は、どの民族だとしても人としてのパースが大体同じで
なんとなく話あえるものだと感じますが、実にこれが難しい。
理由として、人は25歳程度で価値観が決定しほとんど変更がきかないということ。
これは善悪の判断も含まれ、軽微な犯罪ならOKという人がいる反対に
どんなことでも厳格に規定されるべきだという人がいるように、
完全には相容れない部分できてしまうのです。
民族内でも全て受け入れられないのに、国外となると話はもっと複雑なります。
絶対的なカリスマもしくは、突然変異がない限り紛争は止まないのかもしれません。

古物市場で発見したら

近くどうしても欲しい時計があるのですが、新品だとちょっと手が届かないお値段なんです。
時計というものはたいがい高いものですが、
いつかと言っているうちに年を取ってしまいそうなので古物市場で探すことにしました。
かれこれ1年以上様子をうかがっており、先ほど「これは!」というものを発見しました。
今年のヨーロッパ旅行を我慢したら買えるくらい、
これはここで買っておくべきか、高い買い物なのでもう少し考えてみたいと思います。

パチンコの販促物で知ったこと

最近はパチンコにもいかないのでどのような機種や内容が
流行っているのかは知りませんが、
昔のアニメや現在のタレント、歌手などが登場するものも多いそうですね。
ドラゴンボールはパチンコ化しないという話を聞いたことがありますが、
たいがいの有名アニメはパチンコ化されてパチンコの販促に利用されているようですね。
パチンコからアニメや歴史などを知って興味を持ったという人もいるそうで、驚きました。
パチンコがきっかけでヨーロッパの歴史に興味を持たというY君、変わってますよ!